俳句会「青芝」は相模原市を中心に活動する俳句会です。

青芝俳句会紹介

昭和28年9月、八幡城太郎により、相模野(現在の相模原
・町田・横浜等)を中心に創刊。誌名は日野草城第2句集「青
芝」による。60年、城太郎没後、主宰は創刊以来の編集同
人であった中村菊一郎が継ぎ、平成23年副主宰であった梶
原美邦が継承した。「生活感情をうたいあげる」が創刊以来確
実に受け継いできた俳句精神であり、「俳句は対象の真実を
印象として表現する詩である」を理念とし、清新で格調ある詩
情の探求に努めながら着実な活動を続けている。

主宰(梶原美邦)紹介

梶原美邦主宰全国大会で挨拶

 

昭和19年山梨生まれ
昭和47年八幡城太郎に師事
昭和53年編集同人
平成21年副主宰に就任
平成23年中村菊一郎より主宰を継承
句集は「風の国」「青天」等多数
現在 俳人協会会員 日本現代詩歌文学館会員

 

 

 

今月の一句 公園の椅子の秋思を拭いて坐す  美 邦

MENU